紀尾井町発、「美」と「健康」についてドクター&スタッフが様々な視点から心と体もキレイになるメッセージをお届けします。
東大方式トレチノイン治療~5年後の美肌の構築~
乾燥が和らぐ一方で、日々気温の変動がめまぐるしく花粉の飛び交う今の時期、紫外線も加勢してお肌の悩みはつきません。

そして気になるのが「シミ」。できる事なら気が付く前に撃退したいものです。
でも、できてしまったシミには、クリニックで「取り除く」本格的治療を。
シミの症状によりいくつかの治療方法があります。
代表的な治療の一つとして「東大方式トレチノイン治療」、
この治療は、薄いシミ、肝班、レーザーが苦手な方、色素沈着、小ジワやハリを戻したい方に良い適応があります。


トレチノインとは・・・
ビタミンA(レチノール)誘導体のことで、肌の新陳代謝を促し、肌の内部に存在するメラニンを効果的に排出する働きをもっています。
(トレチノインの成分はもともと人間の血液中に流れているものなのでアレルギー反応を起こす心配がありません。生理活性はビタミンAの約100~300倍と言われています。)

トレチノイン治療でシミが消える理由
皮膚のターンオーバーは28日間。加齢や外的な原因でこのサイクルが乱れると、一番深い層である「基底層」に作られたメラニン色素が外に排出されなくなります。
そこに沈着してしまった状態が「シミ」。
この「シミ」のを基底から押し上げて外に排出してくれるのが、トレチノインです。
表皮の細胞はどんどん押し上げられ、メラニン色素も一緒に排出→シミを改善! 
これがトレチノインの特徴作用です。

2・ハイドロキノンと併用して
当院では同時に「ハイドロキノン」を処方します。
ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれ、強力な漂白作用のある塗り薬です。
メラニン合成酵素であるチロシナーゼの働きを阻害し、メラニン色素を合成するメラノサイトに対し、シミの原因であるメラニン色素を少なくする作用があります。現在あるシミを薄くし、シミを予防します。



通常市販されている美白剤(医薬部外品)やレチノール(ビタミンA)がありますが
濃度に限界があります。
この治療は自宅で出来る外用治療ではありますが、お薬が正しく使われているかどうか
2週間に一度の頻度で通院が必要です
紀尾井町プラザクリニックでは、カウンセリングにてトレチノイン治療につい充分にご理解頂き、治療を行っております。治療経過では赤みが出たりしますが、治療後は
シミも改善され同時に驚く程のハリや弾力が甦ってきます。

これからの季節お肌の外敵は増すばかりです。日々のケアと自己管理で結果を導く白肌。
3年後、5年後の美肌をお約束するのは、「守り」「予防」「治療」この3つのアプローチ。
10年後のご自身との出会いを心待ちにしたいものです。

紀尾井町プラザクリニック Beauty 蝶子

テーマ:★★おすすめ♪★★ - ジャンル:ブログ

【2009/03/22 16:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

紀尾井町プラザクリニック美容

Author:紀尾井町プラザクリニック美容


紀尾井町発、「美」と「健康」についてドクター&スタッフが様々な視点から心と体もキレイになるメッセージをお届けします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索