紀尾井町発、「美」と「健康」についてドクター&スタッフが様々な視点から心と体もキレイになるメッセージをお届けします。
死語とニュアンス
「整形」というフレーズは最近ではあまり耳にしなくなりました。
その変わり耳にするようになったのが、「プチ整形」

整形手術というと、すごく元の顔から変わってしまう、痛い、腫れるなど何か重い感じ
があるのですが、プチ整形にはそのニュアンスはあまり感じられません。  

というのも、メスを使わず、ダウンタイム(腫れ)など、体や顏への負担を最上限にした治療法だからです。
具体的には、
埋没法による二重瞼の手術
ヒアルロン酸注入によるホウレイ線の改善
ヒアルロン酸注入により鼻を高くするアゴのラインを整える
ボトックスでえらをなくす(小顔効果)、シワをなくす。など。

シワ・たるみをとるのにフェイスリフトのオペの前段階として、ヒアルロン酸を注入してシワを改善する。たるみは糸で引っ張りあげるハッピーリフト。術の代替になるようなプチ整形は、極端にイメージが変わることはないので、比較的自然に、こっそりと行えるのも特徴です。

しかし、症状により「プチ整形」で改善が不可能な場合は、美容外科治療となります。

最近フェイスラインが下がってきたので「リフトアップ」を希望している患者様。
症状と年齢からみて「プチ整形」の施術よりも外科治療の手術が適用となりました。
そうなると、
娘さんから「ママ整形するのォ~?!!」と言われたそうです。
頬のラインをキュッと手で持ち上げておっしゃったそうです。
「いいえ~、ママは本来のあるべき顏に戻すだけ。前はこうだったんだから」

そう、「整形」ではなくそれは、「アンチエイジング」。
「アンチエイジング」は、「時計の針を少し戻して、本来の姿に戻す、そしてその進みを今度は遅らせること」なのです。

ママはアンチエイジングに挑む訳です。


はい、今日は念願の「青の洞窟」ツアー
事前からその混雑ぶりは聞いていたので、
押されてもまれても大丈夫なように、
「今日は、
ズックをはいてきたわよ~」って言ったところ
「ズックゥ!!ソレもう死語ですよお(大笑)」と30代。
ニュアンスは伝わっていると思うんですけどねえ~。

ガッチョ~ん!!!

紀尾井町プラザクリニック  Beauty 蝶子
【2014/12/24 17:38】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次ページ
プロフィール

紀尾井町プラザクリニック美容

Author:紀尾井町プラザクリニック美容


紀尾井町発、「美」と「健康」についてドクター&スタッフが様々な視点から心と体もキレイになるメッセージをお届けします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索