紀尾井町発、「美」と「健康」についてドクター&スタッフが様々な視点から心と体もキレイになるメッセージをお届けします。
梅雨入りと気象病

暑くなったかと思えば肌寒くなり
風邪をひいている方も少なくありません。
寒暖差のせいか
風邪でもないのに頭痛が続き
鎮痛剤を飲むことが多い日々です。

めまい、関節の痛みや頭痛など、気圧、温度、湿度の変化が
引き起こすさまざまな症状・・・
気象病と呼ぶそうです。。

日本人の6割が気圧の低下によって何らかの不調を感じており、
女性の3人に1人は頭痛に悩まされていて、2人に1人はだるさを感じているという
ウェザーニューズのデータからも気象病は3対7で女性に多いようです。

自律神経は自分の意思とは無関係に働き、体温調整や免疫、
血流など生命維持に不可欠な機能を調整している神経です。
外の気温にかかわらず一定の体温を保てるのも自律神経であり、
そしてこの自律神経の働きは気圧の変化への対応も含まれます。

高気圧のときは押し返す力が強くなり、低気圧なら押し返す力も弱くなる。

交感神経と副交感神経がバランスよく、しかも活発に働いている人は
自律神経の適応力が強く、気温や気圧の変動が激しくても体調不良は
おこりません。。

しかし何らかの原因で自律神経の働きが低下している、
もしくはバランスが崩れやすい状態になっている人は
環境の急変に自律神経がパニックを起こし、さまざまな不調が心身に表れることに
なるのです。

対策としては、ニンニク注射やビタミン点滴、ストレスを溜めないこと
スマホの使いすぎも注意です。
姿勢が悪くなる原因のひとつがスマホの使いすぎです。
片手に持ったスマホを覗き込みながら操作すると、体がゆがみ、
首の筋肉に負担をかけ、それが自律神経の不調を招きます。
休日はゆっくりお風呂につかつてリラックスを心がけましょう。
E41C0D9C-5929-403F-BF86-306AB9102AB2_convert_20180531221352.jpeg

九州はいよいよ梅雨入りです。
近所を散歩していたら
ツツジが咲き誇る一方で
紫陽花も遠慮がちに顔を出しています。
8D232EA6-D941-4F30-AB99-5B121BF628C5_convert_20180531221815.jpeg

明日から6月早くも折り返し地点
清々しくお健やかにお過ごしください。

紀尾井町プラザクリニック Beauty 蝶子

【2018/05/31 22:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次ページ
プロフィール

紀尾井町プラザクリニック美容

Author:紀尾井町プラザクリニック美容


紀尾井町発、「美」と「健康」についてドクター&スタッフが様々な視点から心と体もキレイになるメッセージをお届けします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索